メールは相手との距離感が大切。逆に、友人に距離感をとってメールを送ったらこんな返事が来た。

いつもは、「さっきのファイル送るね~」
と、ぐらいしか文面に書かずに、PCでメールを送ってる親しい友人に、
「いつも社外の方と、やりとりしているような感じ」 で
メールを送ってたら、こうなったよ、という記事です。

(すっごく当たり前な結論になりますので、お時間のある時に読んでください)

 

 

件名:@月@日開催○○会議報告書等の送付について
———————————————————————————————–
●●●●社 ●●担当 ●●様

いつもお世話になっております。
▲▲▲▲の▲▲です。

ご依頼のファイルにつきまして
以下2点添付いたしますので、ご確認ください。

【添付ファイル名】
・@月@日開催○○会議の報告書
・○○の御見積書

以上、よろしくお願いいたします。

————————–
署名省略
————————–
———————————————————————————————–

 

 

 

メールについて、私が「あーだ、こーだ」と昔からうるさく、
最近関連図書を読み漁っていることも、
友人は知っているので、
「いいね」とか、「なるほどね~」とか、「これ、くどくね?」とか…。

そういう返事を期待して待っていました。
そして、やってきた返事は・・・。

 

 

 

 

「堅っ!(笑)」

 

 

 

・・・↑これだけ(笑)
(しかも固いでも、硬いでもなく、堅実 堅牢「堅い」を選んできた・・・)

 

 

「初対面のビジネスの相手方に、いきなり親しい雰囲気のメール送ると不快に思われるよ」
と教える側の私ですが、
親しい相手に、手堅いビジネスメールを送るのも、それはそれでやっぱり「おかしい!」ということを、

「堅っ!(笑)」

っという短い友人のフレーズから、学ぶこととなりました。

 

「メールはコミュニケーション。相手との距離感をつかむことが大切」

はい、そのとおりです。
そして今回は、
逆説的に、さらに確証を得ることができましたよ!

(はい、ここで「当たり前体操!」)

 

失礼いたしました・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。