子どもインテリアデザイナー体験セミナー参加してきました。

【インテリアデザイナーを体験しよう!】

2013年7月24日(水)大阪で、
夏休みお子様向けセミナー 『インテリアデザイナーを体験しよう!』
という、セミナーに娘と、参加してきました。
主催は整理収納サービスネット(神戸・大阪

立体のまっしろな紙のボックスの中に、
「本物」の、壁紙やカーテン生地を使用し
自分の好みのお部屋を作ろう!というもの。

参加後の娘の感想は、
セミナーの内容自身も充実しており
「すごく楽しかった」「また行きたい」
私が一番印象に残ったのは、
自宅へ帰ってきたときの娘の一言。

「うちの壁紙、こんな素材やったんや」
「あ、和室と廊下の壁紙、ちょっと違う!!」

・・・。
たった90分のセミナーで
壁紙にまで似興味持つんだ~と思いました。
おかあさんは、うれしい♪

せっかくなので、そんなセミナーの内容を詳細に書きます!

 

セミナーで作った作品です。

セミナーで作った作品です。夏休みの宿題、自由研究に提出予定

 

【参加しようと思ったポイント】

1、こども向けインテリアデザイナー体験セミナー!!めずらしく、貴重!!
2、娘は、デザインとか絵とか工作好きなので、満喫できそう
3、完成した作品(箱の中のお部屋)は、夏休みの自由研究&宿題に!
4、講師は、インテリアのプロ、BAIL.INTERIOR(ベイルインテリア) 金城貞美 先生
(私の整理収納の講師としての、講師でもあります!)
5、セミナーに親子で参加できるって、ステキ。
6、夏休み、いつもがんばりやの長女のために、二人でお出かけの時間を作る!

【参加してみて、おもしろかったポイント】

1、壁紙・生地の種類がたっくさん!選び放題!
(たぶん、金城先生の本業で利用されているもの)

2、いろんなこどもさんの、作品が見れる!

3、我が子のいろんな面を発見!(こだわり・作業は割とていねい・シンプルなものが好き、などなど)

4、先生がプロすぎる!そして先生に質問し放題♪
「こんな部屋にしたいです」と言えば、それにあう壁紙を”ぱぱぱっ”とチョイスしてくださり、
「この雰囲気にあうベットの色」となれば
「この辺、色がぼやけてるから、こんな色のがいいよ、これはどう?これもいいよ」と、

ハイセンスなチョイスを、いくつもしてくださる。
どれを選んでも絶対かわいい!間違いない!
インテリアのプロの仕事を、そばでドキドキ・ワクワクしながら、
見せていただいていました。

そして、何よりせっかく選んでくださったチョイス以外にこだわる娘の意志を
尊重してくださって・・・ありがとうございますぅ。
【残念ポイント】

全て、娘が一人で決めて作ったので、私も作りたかった…。  そう思うくらい、楽しめました(笑)

【セミナー全般の概要と感想】

「これかわいい! この生地いい!」
「この組み合わせどうですか?」
「これ、リゾートな感じ!!」

ワイワイ・キャーキャー…私たち大人が盛り上がる中、

小学1年生から3年生まで。
こどもたちは真剣!一心不乱(笑)
すんごい集中力で、作業にかかっていました。

【作業内容】

作業時間は、約1時間半。

お部屋となる真っ白な紙のボックス、
部屋にセットする・ベット・つくえ・いすは、
準備してくださっています。

なので、

1、まず床を選んでのりで貼って、
2、壁紙を選んでのりで貼って、
3、カーテン生地を選んで、ホチキスで作って貼って。
4、ベットの色をきめ、お布団の色を決め、枕を作って・・・。
5、完成!!

となります。

もちろん、これ以外にも、
カーテンの紐を選んでみたり
ドライヤーのシールを張ったり、
マットを置いたり、ドアをつけたり、
お布団に柄をつけてみたり。

どんどんカスタマイズして、
自分だけのお部屋を作っていけます。

なんといっても壁紙・床が本物なので、
さわっても質感が良くて、リアル!
完成度の高い作品になりました。

工作好き、デザイン好き、かわいいもの大好きなお子さんに
本当におすすめの講座です。

 

 

【娘と二人きりで、お出かけする夏休みの1日を大切にする】

実は、私の仕事はピークが春休み・夏休みに集中するので、
せっかく子ども達が楽しみにしているお休みも、
全然、子供たちをかまえていません。
娘は、おばあちゃんち、児童ホーム、くもん、自宅と転々とする長期休暇。
なんなら息子は、夏休みの存在を知りません。(気づきかけてますが…)

 

娘にデコられた箱の外側です

娘にデコられた箱の外側です

正直、しっかりものの娘なので、普段の生活からも放置気味(?)で
さらに、なんでも、弟優先になりがち。

なので、上の子のフォロー、という言い方は好きではないのですが
夏休みを1日いただいて、
娘と2人で出かけるという、
娘とのためだけの時間を、あえて作りたかったんです。
だからいつも放置気味の娘のために、”キョウハ、トクベツ” をアピールしながら娘孝行。

二人でゆっくり電車に乗って、
帰りは二人でゆっくり手土産を選んで、
いつもとは違う会話をして、いつもとは全然違う空間を過ごして。

娘のためだけど、私のためにも大切な時間でした。
特に私は、専業主婦していたら、
こんな風にあえて娘と二人の時間とろうなんて、思わないかもしれないないなぁ。

いつもと同じだと、何も気がつかないので、
できるだけ”非日常”になることを心がけているのですが、
今回のこどもとのセミナー参加という非日常は、そんなことを思いました。

今回1つの小さなセミナー参加が、
いろんなことに興味を持つきっかけになるような経験になってくれたら、
また大きくなったときに
おかあさんと二人でおでかけしたね、
ちっちゃい箱にお部屋作ったねって、覚えていてくれたら、嬉しいなぁ。
なんて思いながら。

すべてのきっかけになった、整理収納に感謝する1日となりました。
またこんな子供も参加できるセミナーがあれば、みなさんにもご案内できればと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。