iPhone&iPad、中古売却で26,000円 価値があるうちに手放すことがポイント

送付前のiPhoneとiPad

送付前のiPhoneとiPad

スマホはiPhone5、ユカコです。

今回、我が家にあった、
iPhone4とiPad2を販売したら、
合計26,000円の高値がつきました。

買い取ってもらったのは
トレンドスター株式会社(愛知県名古屋市)です。

これ、振込額の証拠。

これ、振込額の証拠。

売却できるんだ!
そんな高値なんだ!と驚いたので、
カンタンに手順を記事にしますね。

売却までのカンタン手順

・iPhone4/iPad2を初期化
・箱に入れて
・売却同意書を書いて
(振込先口座とか、シリアル番号も書きます。シリアル番号は調べ方をネットで探せばOK)
・着払いで送る

これだけ。
私の場合、個人情報も機密情報も保存してなかったので
初期化だけですみ、さらにカンタンでした。
(旦那さんに全てしてもらったから楽チンでした、が正しい表現ですな)

金額に関しては、
メールで、事前に条件(付属品や現品の状況)を提示すると
見積もりが通知されます。
それでokなら、着払いで送付する、という流れです。

事前の条件通りの品質、付属品の有無は、
送付後相手方の基準で判断され、再度提示があります。
了承すれば、振り込まれます。
私の場合は、事前条件の時点と同じ金額で、
i-Phone4 : 4,000円
i-Pad2  :22,000円でした。

この金額はおどろきましたよ〜。

i-Phone,iPad、両方とも、
購入時の箱、ケーブルはそろっていたので
高めに買い取ってもらえたのかもしれません。

appleの箱は立派なので、 仕切りケースとして使っています。
ささっと出てくる様子をみて
「さすが整理収納アドバイザー」と夫に褒められました(笑)。

「apple リサイクル」で検索すると、色々でてきます。
みなさんもiPad,iphone 不要になったときは、
参考にしてみてくださいね。

家電モノ整理収納のポイント。〜家電を制すればお財布も制する〜

ipad売却をきっかけに、整理収納視点で解説

モノを手放すということは、奥深く、本当に難しいのです。
特に家電ジャンルに関しては
「壊れきっていない」という理由から
処分しにくく、おきっぱなし・しまいっぱなし、になりがちです。

「一応動く(動くかも)」
そんな理由で、押し入れや物置におきっぱなしになっている
型遅れの電化製品はありませんか?

動きの遅いパソコン、
重たく分厚いテレビ、
片方からしか音が聞けないオーディオ、
スイッチのきかない掃除機、
切れの悪いミキサー、
画像が荒く重たいデジカメ
録画時間が短いビデオ…。

これらを手放すこと
「使わないモノはおかない」を徹底したときに
お財布・家計に効果が出たことがわかりやすい、家電モノ。

金額ではっきり出ます。今回であればi-Pad2が22,000円。大きい!

もちろん、少額でも、ありです。
例えば、300円で中古扇風機を引き取ってもらっても、
私はオトクだと考えます。

なぜなら、使わずに、ずーっと保存、保管すれば、
その分の保管費用(家賃の占める割合)が発生します。
(保管しなくていいメリットの大きさはまたの機会に記事にしますね)
最終、粗大ごみの処分となれば
お金を支払わないといけないからです。

極端にいえば、例え0円であっても、
処分費用がかからないだけでも、
メリットの方が大きいと考えます。

自分にとって要らないものを、
誰かに使ってもらえる上に、
子どものおやつ代くらいもらえるかも。

そんな風に思えば
リサイクルショップに足が向きやすくなりますか?
電化製品処分時の考え方の、参考にしてみてくださいね。

・手放すときのルールを作ろう

整理収納アドバイザー2級講座のときには
処分のための判断基準の重要性を知ってもらう
ということを、ちらっとお話しします。

私にも、もちろん自分の基準があります。
「新しいものが手に入って、古いほうの使用頻度が減る。
次回使う用途も時期も、具体的ではない。
その時は処分(リサイクルを含め手放す)」

これに沿うようになってから、
私の周りで電化製品は滞留しなくなりました。

今回リサイクルした
i-Pad2も、まだまだ、全く問題なく使えました。
ところが、この度「ネクサス7」という
ミニタブレットが、我が家に仲間入り。
私の基準を適応したので、リサイクル行きになりました。

もし、基準がなければ、

「おいておけば、子どもも使えるし、お出かけ用でもいい。
他のが壊れたとき用の予備とか。高いお金出したのにもったいない。
とりあえず置いておく。」

という考えになり、

とりあえず置いておく→(ちょっとは使っても)やっぱりメインでは使わない→
邪魔→邪魔にならない奥に置く→たまる→忘れられる →古くなり使えなくなる→
結局処分

ということになり
モノも、置いておくスペースも、ひたすらもったいないだけ、だったでしょう。
すると、モノが溢れるんですね。

自分に基準があれば、このルートに乗らなくてすみます。
基準といえば堅苦しいですが、
こういうときは、すてる、リサイクルに出すという、
自分なりのルールです。
一度自分のルールを考えてみてくださいね。

・価値があるうちにわりきって手放すこと

これは私の個人的な考え方です。
今回のipadも、使用頻度は減ると言っても、
何の支障もなく使えました。

価値があるのに、もったいない、と捨てることに罪悪感を持ち
具体的に使う時期も用途も曖昧なまま、
持ち続ける(捨てないだけの)人がいますが、
価値があるからこそ、ゴミとして廃棄しなくてすむんです。
価値があるうちに、欲しい人に譲りましょう。

少しでも早いうちに手放(リサイクル)した方が
金銭面でのメリットも大きいです。
今回のipadも、あと1年もすれば、価値もだだ下がりだったかもしれません。

それにモノも喜ぶ、そう考えてみてください。
i-Phone4,i-Pad2も、次の人に使ってもらえることになって喜んでいる。
ずっと現役で、最後まで使ってもらえるって喜んでいる。
私はそう思っています。
そして、欲しい人に使ってもらえることは、さらにとても嬉しいことです。

だからこそ、価値があるうちに譲る、
価値があるうちに、次の活躍の場面を考えてあげることが重要だと、私は思います。
「モノが力を最後まで発揮できるように、考えて行動する。
効率的なモノとの関係を作ることができるように、アドバイスする」
これは、私が整理収納アドバイザーとして、大切にしている考えの1つです。

奥に閉じ込めて、価値がなくなる前に、
使える、活躍する場所へ、旅に出してあげてください。
家電の気持ちになって考えてみる。
きっとうまくモノとつきあうことができるようになりますよ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。